【読者体験談#46】夏と冬は地獄。倒れるほどキツイ交通整備のアルバイト。

【読者体験談#46】夏と冬は地獄。倒れるほどキツイ交通整備のアルバイト。

交通整備のお仕事はよくみかけますが、本当に大変そうですよね。

夏は暑いし冬は寒いし・・・。

一見メリットはなさそうですが、ずっと立っているから体力がつく&姿勢が良くなるそうです。

意外ですよね!ご年配の方には向いているかもしれませんね。

そんな交通誘導のお仕事の経験がある【アコウ スティック】様は色々キツイ体験をされたそうなので、ご紹介したいと思います。

 

雇用形態 アルバイト
勤務地
福島県田村市
勤務時間
8:00~17:30(日により残業あり)
休日
日曜日(仕事になることもある)
給料
10~15万
必要資格
普通自動車免許
業種
警備業
主な業務内容
 交通整備、誘導など

始めたきっかけ

千葉県から諸事情により田舎の実家に帰り、何でも良いから働かなくてはと思いこの職に付きました。

1日の仕事内容

まず自分の持ち場(現場)があっても警備事務所に出勤して、専務や警備隊長への挨拶や朝礼などをしてから一日の仕事が始まります。
私は主に工事現場などの交通警備と、葬式や結婚式などイベントの駐車誘導を主にしているので、決まった時刻までに現場へ向かい現場作業員と軽い打ち合わせをして持ち場に付き旗を振る、一般車両の誘導をするという感じです。

工事現場の場合は一般車両が来たら赤旗で停止を促しナンバーを把握して仲間と無線機で合図をし、青旗で流すという繰り返しを一日中やります。

この仕事できつかった事

まず真冬の寒さです。雪が降ったり特に強い風が吹いたりすると本当に鼻水が止まりません!しかも持ち場から離れられない上に一日中たってなくてはいけないので体もろくに動かせず寒いの一言!

そして真夏は逆に炎天下の下にずっといると段々具合が悪くなります!吐き気を模様します!仲間の方で救急車に運ばれた方もいます!その上、顔が黒人みたいになることもあります!

そして現場が遠いのが特に辛い!唯でさえ仕事がキツイのに現場が遠いと帰宅して風呂に入る日間もなく只々飯食って寝るの繰り返し!

この仕事で良かった事

現場で仕事をしているとたまに近所の方や現場の作業員の方などが差し入れをしてくれることです。
寒い冬には温かい缶コーヒーや紅茶など、暑い夏には冷たいアイスなどが厳しい環境で働く私の心に沁みていきます。
祭りのイベントでは近くのハム工場の方からハムセットを頂けたことも。

そして帰宅してからの冬にはアッツアッツの鍋!夏には冷た~いキーーンと冷えたビールが更に心の汗を拭ってくれます!それと元々私は腰痛もちでしたがこの仕事のおかげで結構体が丈夫になりました。

この仕事を辞めた理由

仕事がある日が不規則なのと交通費(警備事務所~現場に行く費用すら自前)が出ないのが嫌でした。
明日仕事があるのかないのかが夕方頃にならないと解らない、自宅待機をしている時も急に仕事が入ったりするのでプライベートに勝手に予定を入れずらいのがまた嫌でした。確実に予定が入っていれば良し!とするのですが・・・。そして基本的に仕事が出来る人優先なのでそれ以外の人はまるまる一ヶ月仕事が無いなんてこともありました。

それとやっぱり寝る暇もあまり無いくらい遠い現場が本当に辛くて、この仕事を辞めた決め手でもあります。

この仕事が向いている人

この仕事は結構瞬間的な判断力が必要になることが多いので、交通量や歩行者が多い現場でも冷静で落ち着いた仕事が出来る方に向いているかも知れません。
逆に言えばちょっとしたことで慌ててしまったり、例えば通行人に厳しく文句を言われてすぐふさぎ込んだり精神的に弱い人にはあまり向いていないかも。

後は健康志向の方にも向いている気がします。実際ご年配の方が多くこの仕事についていますが、姿勢が年齢の割にかなり良いように思うし、私も腰が少し丈夫になったし。

この仕事に就きたい人へ一言

外からだと中々見えないやりがいのある部分もこの仕事(警備員)にはあると思うので、社会勉強の為に一度は挑戦してみても良いかと思います。

但し!車の前や現場重機の側に立つ仕事でもあるので、時に自分の身の安全優先で現場に付きましょう!警備の基本!

 

素敵な社畜LIFE送りませんか?

CTA-IMAGE 管理人の村人Bと助手の村人A子がせっせこせっせこ徹底調査した素敵な社畜LIFEが送れる転職・求人サービスを詳しく解説しています。

警備カテゴリの最新記事