【読者体験談#102】1日12回の採血。高収入バイト「治験」の落とし穴とは。

【読者体験談#102】1日12回の採血。高収入バイト「治験」の落とし穴とは。
 たま~に見かける高収入レアバイト「治験」。
日給10000円を超えたりするので、やってみようかなと思った人もいるのではないでしょうか。
しかし、高いのにはワケがあります。
そんな治験の落とし穴を、実際に体験された【入院くん】様にご紹介して頂きます。
雇用形態
 アルバイト
勤務地
東京都秋葉原
勤務時間 入院二泊三日を二回
休日
なし
給料
日給14000円
必要資格
特になし。健康であること。
業種
主な業務内容
治験

始めたきっかけ

 

友人の勧めで始めました。体の健康には自信がありましたし、事前にあった健康診断でも問題なかったのでこのアルバイトに登録することができました。このアルバイトは登録制で必ずしも仕事できるわけではありません。その時その時の治験する薬に必要な登録者の状態にマッチしていなければなりません。
例えば単純なことでいうと血液型などです。
友人から、登録すればかなり稼げるよと聞き始めました。また、こういった治験のアルバイトがある事は知っていたのですが、実際にどういうものなのか知りたかったということもあります。

 

1日の仕事内容

 

主な仕事の内容は「採血」です。
治験薬を投与されて、経口の薬なのか注射での薬なのかはその時その時ですが、いずれにせよ一定時間が経った後の薬の血中濃度や個人個人の血中の反応を見るために採血は絶対不可欠です。採血は基本は1時間おきに行われます。朝起きてから夜寝るまでのおおよそ12時間の間に行われますのでだいたい12回ぐらいの採血を行われることになります。採血以外は基本的には自由ですので、皆思い思いのことをしております。

ただ、禁止事項もいくつかあります。
基本的には外出は禁止ですし、アルコールを飲むこともできません。食事は配給されるので問題ありませんが、お菓子等の間食を摂る事はできません。勿論、個人的に風邪薬などの薬を飲む事は厳禁です。

 

この仕事できつかった事

 

個人差もあるでしょうが、私がきつかったのはやはり「採血」です。
一日に平均12回の採血を行うので、腕の採血される部分が腫れます。しかも、採血しやすい部分があるようで同じところに何度も何度も注射針を刺す事になるので痛くて痛くてたまりません。
また、入院するため基本的には外出は禁止です。外出できないという事がストレスに感じるとは、この時まで私自身知りませんでした。

 

この仕事で良かった事

 

特に日給がいいです。24時間の拘束なので、時給に換算するとそこまでではないのでしょうか、寝ている時間もあるので日給としてはとても高いと思います。また、規則正しい生活を送れるので普段不摂生をしている人にはいいかもしれません。私自身、健康になったと感じました。

 

この仕事を辞めた理由

 

この仕事には私は友人と参加していたので、友人が参加できなくなってやはり心細くなったのがやめた理由です。何泊もする仕事なので、一人で参加しているとどうしても寂しくなってしまうでしょう。

 

この仕事が向いている人

 

一人で時間を過ごす事に何の苦も感じない人です。また、痛みに強い人の方が向いているかもしれません。注射されることが好きな人も向いていると思います。あと、狭い場所に長時間いることが好きな人でしょうか。例えば、カプセルホテルが好きな人などは向いているかもしれません。

 

この仕事に就きたい人へ一言

 

よく高収入バイトなどと紹介されている「治験バイト」ですが、高給なだけに人を選ぶ仕事だと思います。向いていない人は途中でリタイヤするかもしれません。実際、私が参加した時もリタイヤされた方がいましたから。

素敵な社畜LIFE送りませんか?

CTA-IMAGE 管理人の村人Bと助手の村人A子がせっせこせっせこ徹底調査した素敵な社畜LIFEが送れる転職・求人サービスを詳しく解説しています。

治験カテゴリの最新記事